ライフカラー

イタリア産の水性カラーです。国産水性カラーが染料系であるのに対し、顔料を使用しており発色に優れています。
また、色によっては、ライフカラーにしかないものも多くあります。
専用シンナー
もありますが、水で希釈することも可能です(水で薄め過ぎるとプラスチックが塗料を弾く場合があります)。

※ライフカラーは一回の入荷量が少ないため、常に全色が在庫されている訳ではありません。在庫についてはお問い合わせください。

--2012年8月の新製品--

ライフカラー MS05 Leaking and Stains リーキング、ステインズ \900(+税)
3色セットで燃料汚れ、排気管汚れを手軽に再現できるセットです。UA261は排気管周りについた油混じりの煤汚れ、UA262は機械の摩擦屑が混じった潤滑油で、UA263はまだ綺麗な状態の潤滑油です。263はグリスニップル周囲から漏れた感じに最適。AFV、飛行機、自動車、いずれにも手軽で効果的です。水性。

MS07 北ヨーロッパの建物 瓦礫や破損再現セット \900(+税)
ヨーロッパに旅行したり、観光写真を見て「ヨーロッパの町並みのレンガや建物の色って独特だよなあ」と思われた方は多いはず。これを模型で再現しようとしても今ひとつ発色に欠けて思うようにいかない、と感じた方も多いと思います。これはやはり、顔料の元となる鉱物がヨーロッパと日本では違うからでは無いでしょうか。地元の地の利を活かした本製品を使えば、手軽に建物やガレキ、ホコリの表現が可能です(茶色系の顔料は岩石などが原料になっていることが多く、まさに本物の色が出せます)。情景だけで無く、車両や歩兵の足回りにうっすらと吹いてやっても非常に良い感じになります。普段はタンやヨーロピアンダストを使っている方もひと味違った作風を簡単に演出できます。MS07は大戦初期のフランス戦、ノルマンディ戦や、ドイツ国内戦にどうぞ。水性。
UA737 古びたレンガ
UA738 堆積したホコリ
UA739 壊れた漆喰(しっくい)

MS08 南ヨーロッパの建物 瓦礫や破損再現セット \900(+税)
こちらは南欧用。大戦初期のクレタ島やギリシャ戦、シシリーやイタリア戦などにどうぞ。水性。
UA740 古びたタイル/瓦
UA741 石壁
UA742 石灰の漆喰

SPG01 イスラエル陸軍セット \2,060(+税)
ピグメントと塗料を3本ずつセットした新シリーズで、塗料同様に非常に良質なピグメントが入っているお買い得なセットです。AFVモデラーの別冊でも使われていますが、非常によい感じに仕上がっています。車両塗装からウェザリングまで、本セットひとつでまかなえます。
PG101 ゴラン高原の暗い土色ピグメント
PG102 シナイ半島の砂色ピグメント
PG103 レバノンのホコリ色ピグメント
UA901 イスラエルサンドグレー1
UA902 イスラエルサンドグレー2
UA903 IDFグリーン(初期のIDFシャーマン用)

SPG02 履帯 塗装とウェザリングセット \2,060(+税)(売り切れ)
「履帯を格好良く汚したいんだけど、いっぱいいろんな塗料が出すぎていて何を選んだら良いかわからない」と言う方向けのピグメントと水性塗料のセット。地面と擦れて鈍く輝く接地面から、米軍車両のゴム製履帯パッド、使い込んだ錆汚れ、埃汚れをこのセット一つでまかなえます。
PG110 剥き出しの金属色ピグメント
PG105 乾いたホコリピグメント
PG106 湿ったホコリピグメント
UA904 履帯のゴムパッド色(転輪のゴムにも使用可能)
UA905 サビ混じりの履帯汚れ
UA906 使い込んだ履帯汚れ

SPG03 錆 塗装と再現セット \2,060(+税)(売り切れ)
車両や建物の、とにかく色々なサビにこだわった、ピグメントと水性塗料のセット。まだあまり腐食の進んでいない明るいサビから、時間が経過したサビまで。車両はもちろん、情景の建物に広く使えます。
PG107 燃えた後に腐食が進んだサビピグメント
PG108 中間色のサビ色ピグメント
PG109 雨だれ跡の明るいサビ色ピグメント
UA907 燃えた後に出来たサビ
UA908 腐食が進んだサビ
UA909 雨だれ筋に混じったサビ

--2012年8月の新製品--

ライフカラー「イージー3」シリーズ

1/35の戦車に実物通りの色を塗ってものっぺりとした仕上がりにしかならないのは、模型は1/35なのにそれを照らす光源が1/35になっていないためです。
これを補うには「墨入れ」や「ドライブラシ」で陰やハイライトを付けてやるのが手っ取り早いですが、一歩進んだ考え方が、基本塗装色自体に階調を付けて、立体感や巨大感を出すテクニックです。最近ではミグ氏の「カラーモジュレーション塗装」が有名ですが、そこまで極端で無くても「足回りには暗めの基本色を、光の当たりやすいところは明るめの基本色を」使い分けてきたモデラーは多いと思います。しかし、この塗料の調色が意外と難しい、と言うのは経験を積んだモデラーなら解って頂けるでしょう。

色彩に階調を付けるには「彩度」と「明度」の両方を適切にコントロールする必要があります。初心者は「明るくするには白、暗くするには黒を入れれば良いだけじゃないの?」と考えるのですが、これでは明度はコントール出来ても、彩度(鮮やかさ)が極端に下がってしまい、白っぽい、あるいは、どす黒い、さえない模型になってしまいます。なぜでしょうか?白や黒は「無彩色」だからです。彩度のあるところに彩度のないものを入れるのですから、その分彩度が下がるのは当たり前です。

では、彩度のある色を混ぜれば良いのでしょうか?結論から言うとこれもまた結構難しいのです。なぜかと言うと、どのような色同士でも混色する度に(白や黒を入れた場合ほど極端で無くても)ほぼ例外なく彩度が下がるからです。これを避けるためには混色の回数をなるべく減らすしかないのですが、複数の顔料で構成されている事の多い模型用塗料では混色の回数が少なくても彩度の低下が起こりやすいのです。たとえば、市販の赤と白を混色しても綺麗なピンクにならず、灰色がかったピンクになります。これは赤の深みを演出するため、赤には微量の黒が混入されており、これが白と反応して灰色になるからです。プラモデル塗料は「原色」と謳っていても実は原色では無い事が多いのです。

少し話が専門的になってしまいましたが、「それなら、最初から明度と彩度を適切にコントロールした階調色を出せば良い」とメーカーが考えるのは自然な事でしょう。製品としては既にAKインタラクティブのモジュレーションセットが有名です。しかし、カラーモジュレーション技法自体がまだ新しいテクニックですので、自分のスタイルとの違和感を覚え、導入をためらっている方も多いでしょう。

ライフカラーの「イージー3」はそんな方にもぴったりのセットです。塗料は3階調で、AKのセットほど極端な階調が付いていないので、初心者でもコントロールがしやすく、ヘビーウェザリングを施さない塗装スタイルでも違和感が出にくいのです。もちろん、ライフカラーならでは良質な顔料から来る発色の良さは特筆物。それぞれのボトルは単色顔料で構成されていますので、自前で混色しても彩度が低下しにくくなっており、基本色としても優れています。まさに初心者からベテランまで様々なスタイルやポリシーに対応したカラーセットで、価格もお手頃です。

MS01 Contract&Desaturation Set デュンケルゲルプ \900(+税)
ドイツ戦車が1943年後半からベースカラーとして使用したダークイエローを三階調で表現。水性。22ml×3入り。

MS02 Contract&Desaturation Set パンツァーグラウ \900(+税)
ドイツが再軍備以来戦争中期までベース色として使っていたジャーマングレーを三階調で再現。水性。22ml×3入り。

MS03 Contract&Desaturation Set オリーブドラブ \900(+税)
米軍車両が大戦中を通じて基本色に使っていた緑色を三階調で再現。水性。22ml×3入り。

MS04 Contract&Desaturation Set 4BOグリーン \900(+税)
ロシア戦車が大戦中から現代に至るまで伝統的に使用している緑色を三階調で再現。水性。22ml×3入り。

CS-27 Black Rubber Shade&Co \1,800(+税)(売り切れ)
よく言われる事ですが「自然界に純粋な黒は存在しない」のです。漆黒の闇で無い限り、どんな黒にも何らかの色味が含まれ、周りの色を反射して微妙な色彩が生まれます。ベテランモデラーで繊細なタッチを重視する方は例外なく黒をうまくコントロールしているものです。このセットは「様々な黒」6色を集めた物で、いちおう「汚れた黒」「タイヤブラック」とか「焼けた黒」などと名前が付いていますが、いずれも美しく調合されたもので、アイディア次第で応用の範囲が広いでしょう。ベテランは調色の手間が省け、初心者が表現の幅を広げるのにも向いています。

--2012年6月の新製品ここまで--

ライフカラー #CS26 Guns & Weapons \1,800(+税)
自走砲や大砲の閉鎖器周り、復座レール、歩兵の小火器や機関砲など、金属らしさをうまく表現する事が必要とされる部分は結構沢山あります。ライフカラーの新作はこうした金属表現を手軽にリアルに再現できる水性塗料セットです。

セットは6本入りで、グレー、ブルー、レッドの光沢部を再現する塗料に加え、ダークアイアンのピグメントが加わり、好みの量を混合して塗装し、乾燥したら乾いた固めの筆などで擦ってやる事により、金属光沢が再現されるようになっています。更に木製銃床を再現するための木材色が2色入っています。

ライフカラー XS-08 WWII フィンランド陸軍カラーセット \1,800(+税)(再入荷)
フィンランド陸軍のAFVはドイツを始めとする外国からの輸入品とロシアからの分捕り品などで構成されていますが、迷彩に関しては地勢に合わせた独自色の塗装が施されており、これまでは近似色で指定するしかありませんでした。ライフカラーのフィンランド軍迷彩セットは丁寧なリサーチにより、実車に忠実な色彩を再現したカラーセットです。5色+ロシア軍捕獲車両塗装に便利なロシアングリーン(4BO)付き。色名表記はフィンランド語も併記されています。水性。

CS-23 WWIIソ連陸軍カラーセット \1,800(+税)
珍しい、ロシア軍の塗装セットです。ロシア軍の車両は「4BO」と呼ばれる緑色一色が一般的ですが、正式には迷彩を施すことが規定されていました。実際には戦争が始まるまでに迷彩用の塗料が行き渡らず、4BO自体も様々な色調があったのでは無いかと言われています。ライフカラーの塗料セットは基本となる4BO(FS34102近似色)に加え、4BOの色違いとしてFS34096近似色、FS34257近似色の三色を用意しました。更に迷彩色として4BG、6K、7Kもセットしています。水性カラーで、専用シンナーもありますが、少し薄めるだけなら水でも大丈夫です。エアブラシで使う際は専用シンナーで薄めることをお勧めします。タミヤアクリルのシンナーは使えません。普段ラッカーをお使いになっている方も色見本としてお一つ如何でしょうか。

ライフカラー CS-22 枢軸軍 戦車インテリアセット \1,800(+税)
ドイツ軍とイタリア軍の戦車内部色です。ドイツ軍用として、錆止めプライマーであり、床などにはそのままの色が露出していたRAL3009オキサイドレッド、標準的な内部色であるRAL1015エルフェンバイン(クリーム色)、機器に塗られていたRAL7009グラウグリュンとRAL5012リヒトブラウの四色。イタリア戦車色としてRAL2001の赤色と微妙な色調の白色の2色を加えた、6色セットです。水性カラーで、専用シンナーもありますが、少し薄めるだけなら水でも大丈夫です。エアブラシで使う際は専用シンナーで薄めることをお勧めします。タミヤアクリルのシンナーは使えません。

CS-20 ウェザードウッド (風雨にさらされた木)セット \1,800(+税)(売り切れ)
コロンブスの卵的、木材色セット。ベテランでもなかなか悩みの多い木の塗装ですが、木材の色をベースから経年変化した黒ずみまで6色に分解し、塗り重ねる事で様々な木材の表情を演出できるカラーセットです。

UA718からUA713までを使った塗装例。若い木材から年を経て汚れや黒ずみの目立つ木材まで自然に表現できます。

CS-21 鉄道用ウェザリングセット \1,800(+税)
蒸気機関車や客車、装甲列車などのウェザリングに最適なセット。機関車のススやこぼれ落ちた鉄錆び、線路の錆びが入り混じった微妙な色調を手軽に再現できます。

カモフラージュカラーセット

CS-01 ドイツ戦車迷彩色セット1 各22ml 6本セット \1,800(+税)
UA201 RAL 8020 Gelbbraun 42年春以降のアフリカ軍団の標準塗装色。
UA202 RAL 7027 Sandgrau 42年春以降のアフリカ軍団色。RAL8020の上から迷彩を行うのに使用。
UA203 RAL 8000 Grunbraun(Gelbbraun)

アフリカに派遣される車両に応急的に使われた標準塗装色。42年春以降RAL8020に変更された。

UA204 RAL 7028 Dunkelgelb ダークイエロー。43年夏以降の汎用塗装色。
UA205 RAL 8017 Rotbraun(SchkoladenBraun) レッドブラウン。RAL7028・6003と合わせて三色迷彩に使用。
UA206 RAL 6003 Olivgrun ダークグリーン。RAL7028・8017と合わせて三色迷彩に使用。

CS-02 NATO軍・米軍迷彩色セット 各22ml 6本セット \1,800(+税)
UA301 FS37030 Black NATOブラック。ヨーロッパ三色迷彩の構成色。
UA302 FS30051 Brown NATOブラウン。ヨーロッパ三色迷彩の構成色。
UA303 FS34094 Green NATOグリーン。ヨーロッパ三色迷彩の構成色。
UA304 FS30277 Sand 70〜90年代の米軍の迷彩色。
UA305 FS30257 Earth Yellow 米軍砂漠迷彩色。タミヤアクリルのデザートイエローに該当。
UA306 FS30117 Earth Red 70〜90年代の米軍の迷彩色。

CS-03 ドイツ戦車迷彩色セット2 各22ml 6本セット \1,800(+税)
UA207 RAL 7021 Schwarzgrau(Panzergrau) ジャーマングレー。43年夏以前の標準塗装色。
UA208 RAL 7016 Anthraztigrau 空軍の車両と機材の標準塗装色。43年夏以降はダークイエローに変更された。
UA209 RAL 8002 Signalbraun 戦前にジャーマングレーとの2色迷彩を構成した。
UA210 RAL 7017 Dunkelbraun 43年夏以前のジャーマングレーとの2色迷彩に使用。
UA211 RAL 8012 Rotbraun 錆び止め下塗り塗料。レッドプライマー。
戦争末期には車体内部や車体を下塗り塗装のままで使用した車両があったと言われています。
UA212 RAL 7008 Graugun(Khakibraun) アフリカに派遣される車両に使われた迷彩色。42年春以降RAL7027に変更された。

CS-04 ドイツ軍ユニフォームカラー1 各22ml 6本セット \1,800(+税)
UA401
Tropical Tan1 防暑服の生地色。
UA402
Field Grey1 陸軍の制服などに多用されている緑がかったグレー。
UA403
Field Grey2 陸軍の制服などに多用されている緑がかったグレー。UA402の色調違い。
UA404
Field Blue 空軍の制服に使用されている青みがかったグレー。
UA405
Brown service shirt 作業着や下シャツに使用されている茶色がかったグレー。
UA406
Tropical Tan2 防暑服の生地色。UA401の色調違い。

CS-05 ドイツ軍ユニフォームカラー2 各22ml 6本セット \1,800(+税)
UA407
Panzer Uniform 戦車兵の黒服。微妙に色調を調整してあり、ただの黒ではありません。
UA408
Light Brown 明るい茶色。迷彩スモック・アノラックなどの迷彩色。
UA409
Dark Brown 暗めの茶色。迷彩スモック・アノラックなどの迷彩色。
UA410
Light Green 明るいグリーン。迷彩スモック・アノラックなどの迷彩色。
UA411
Dark Green 暗めのグリーン。迷彩スモック・アノラックなどの迷彩色。
UA412
Extra Dark Brown 暗い茶色。迷彩スモック・アノラックなどの迷彩色。


ライフカラー CS-08 Italian vehicles WWII \1,800(+税)
イタリア人によるイタリア戦車のためのイタリア産カラーセット。Green gray/Dark Green gray/Red Rust/Dark green/Yellow Sand/Yellow Sandの6色セットで、今まで近似色・推測で塗るしかなかったイタリア軍車両塗装の強い味方になってくれます。独特のグリーンがかった灰色や微妙な色調の砂漠迷彩色など、色見本としても貴重です。水性アクリル、各22ml入り。

ライフカラー #CS-13 肌色カラーセット \1,800(+税)
フィギュアペインターに評判の良いライフカラーの肌色6色セットです。基本色が2種類にハイライト2種、シャドウ2種。国産のカラーでは混色の難しい肌色をきめ細かく用意し、初心者でも濁ったり白っぽくなったりせずに肌を塗ることができます。水性で、専用シンナーもありますが、筆塗りなら水で希釈してかまいません。

ライフカラー #CS-14 イタリア軍ユニフォームカラーセット \1,800(+税)
大変貴重なイタリア軍ユニフォームカラーセットです。北アフリカ用のカーキから独特の青色服まで6色セットです。水性で、専用シンナーもありますが、筆塗りなら水で希釈してかまいません。

ライフカラー CS-16 Middle East British vehicle Camouflage \1,800(+税)
良好な発色と使いやすさで徐々にユーザーを獲得しつつあるライフカラーの新作は「中東のイギリス軍車両迷彩色」で、独特の色調を持つイギリス軍の迷彩セット(水性アクリル)です。内容は、初期の2色迷彩に使われているライトストーンとテラコッタ色、中期に使用された三色迷彩用のスレートグレー、ライトシルバーグレー、ポートランドストーンに加え、アフリカ戦後期に広く使用されたデザートピンクの6色です。普段はラッカーを使われている方も、色見本としてお一ついかがでしょうか。

CS-17 WWII U.S. Army Uniform set1 \1,800(+税)
米軍のユニフォーム用の便利なセット。布で有る事から明るめに見える各色をうまく調色しています。こういったセットは自分で調色しても作成できますが、情景で沢山のフィギュアを並べたいときなど、同じ色調で製作できる既製品のカラーはやはり便利です。水性。専用シンナーもありますが、筆塗りの場合は水でも薄められます。

CS-18 WWII U.S. Army Uniform set2 コンバットギアセット \1,800(+税)
こちらは各種装備品用に様々なトーンに調色されたオリーブドラブと茶色のセット。フィギュアの装備品はもちろん、シャーマンをはじめとする各種車両に搭載されている装備品を塗るときにも便利。水性。専用シンナーもありますが、筆塗りの場合は水でも薄められます。

ウェザリングカラーセット

ウェザリングカラーは、あらゆる模型用塗料の塗膜の上に使用することが可能で、トーンを落としたり、汚れを表現したり、古びた感じを出したり、モールドを強調したりすることができます。別売りのThicker 22ml \290(+税)と混ぜることによって、砂や泥の厚みを表現することも可能です(Thickerは乾くとつや消しになります)。ウェザリングカラーは作業に適切な濃度に希釈されていますが、TSC201を加えることによって更に希釈することも可能です。

TSC-01 ウェザリングカラー1 各22ml 6本セット \1,800(+税)

TSC201
Medium(溶剤) ウェザリングカラーやライフカラーに混ぜて希釈度を上げるときに使用します。
TSC202
Sand(砂)
TSC203
Earth(泥)
TSC204
Grass(緑/草)
TSC205
Rust1(サビ1)
TSC206
Rust2(サビ2)

TSC-02 ウェザリングカラー2 各22ml 6本セット \1,800(+税)
TSC207
Oil(油汚れ)
TSC208
Smoke(煤)
TSC209
Kerosene(石油)
TSC210
Fuel(燃料)
TSC211
Burnt Brown(燃えかすの茶)
TSC212
White Oxide(白い酸化物)

CS-10 Dust and Rust Diorama set \1,800(+税)
ウェザリングや情景ベースの塗装に適した錆び〜泥色のセット。車体の錆び表現はもちろん、薄めてウォッシングに使うも良し、埃色はエアブラシで足回りに吹くのに便利。ピグメントと混ぜると更に表現の幅が広がるでしょう。
UA701:Rust Dark shadow
UA702:Rust Base Color
UA703:Rust Light Shadow1
UA704:Rust Light Shadow2
UA705:Dust Type1
UA706:Dust Type2

ライフカラー単色(22ml) 各\290(+税)

セットカラーの色調調整や、小物・人肌の塗装にどうぞ。ローシェンナやバーントアンバーは油絵の具の該当色に近く、使い勝手の良い色です。
*の付いている色は該当するFSナンバーの近似色です。
LC01 FS*37925 Matt White
LC02 FS37038 Matt Black
LC15 FS33245 Matt Tan
LC16 FS*30076 Matt Raw Sienna
LC17 FS*30108 Matt Brown
LC21 FS31643 Matt Flesh1 白人肌のやや日焼けした色調の肌色
LC32 FS30152 Matt Rust1 赤みの強い錆色
LC36 FS*33275 Matt Leather 銃のスリングや革製の装備品に
LC37 FS*30040 Matt Burnt Umber
LC38 FS32169 Matt Rust2 Rust1よりオレンジの強い錆色
LC41   Matt Flesh2
Flesh1より赤みが強い色調
UA001 FS34079 Dark Green クレオスでは309番。連合軍戦車に、また、アクリルでは手薄なグリーン系の補強に。
UA002 FS34102 Green クレオスでは303番。大戦中のロシア軍が使用していた4BOに一番近い色とも言われています。
UA202 RAL7027 Sandgrau 42年春以降のアフリカ軍団色。RAL8020の上から迷彩を行うのに使用。
UA204 RAL7028 Dunkelgelb ダークイエロー。ドイツ軍三色迷彩の一色。
UA205 RAL8017 Rotbraun レッドブラウン。ドイツ軍三色迷彩の一色。
UA206 RAL6003 Olivgrun ダークグリーン。ドイツ軍三色迷彩の一色。
UA402
Field grey1 ドイツ陸軍の制服などに多用されている緑がかったグレー。
UA403
Field grey2 ドイツ陸軍の制服などに多用されている緑がかったグレー。
実物も幾つか色味があるようですが、 UA402の色調違いで、こちらは青みが強いです。
UA020 FS30372 Sandgrey 61-73 イスラエル軍戦車色。第四次中東戦争迄の比較的黄色みが強い色調。M50、M51等はこの色で。
UA035
Israel Sandgrey 1982 イスラエル軍戦車色。所謂シナイグレー。最近のイスラエル軍車両向け。メルカバはこの色で決まり。
UA142 FS*34096 French Kaki ストライカー装甲車に用いられている、明るいグリーンの近似色。

ライフカラー徳用シンナー(250ml) \720(+税)
クリーナー(250ml) \720(+税)

ライフカラーにようやく徳用シンナー登場。これでエアブラシに使うにも心配無しです。
クリーナーは筆の洗浄にもエアブラシの清掃にも使える洗浄剤です。ライフカラーは固まってしまうと、クレオスのツールクリーナーでも剥がせない(却って凝固してしまいます)ので、用具のお手入れにはこちらをお使いいただくようお勧めします。エアブラシのつけ置き洗いも可能なタイプ。